Solfège

ソルフェージュについて

ソルフェージュとは、フランス語で音の基礎訓練のことを意味します。ピアノなどクラシック系の楽器を習っていた経験のある方はご存知かもしれませんが、演奏のために必要な能力を養うことを目的に「視唱」と「聴音」をおこないます。視唱は新曲視唱とも呼ばれ、初見の楽譜を一切楽器に頼ることなく歌う訓練です。聴音はいわゆる耳コピのことで、単音のメロディーを聴き取る訓練と和音を聴き取る訓練があります。つまり、視唱は楽譜の情報をインプットし音でアウトプットするのに対し、聴音は音をインプットし楽譜にアウトプットするという、真逆のアクションになります。実際の音と楽譜を結びつけるこのソルフェージュ力が、なぜ作曲でも重視されるのかということについて、皆さんに知っていただきたいと思います。

ソルフェージュって作曲にどう役立つの

作曲を勉強し始めると、どうしても理論や知識に偏りがちになるものです。しかし、それではせっかく得たエクリチュールの真価を発揮させることはできません。机上の空論ではなく、実際の音とリンクして初めて生きてくるのが作曲の技法、エクリチュールなのです。学んだエクリチュールが、実際の音としてどのような響きを持っているのか、。楽器やPCに頼らずに、脳内再生できるようになるということが、ひとつのゴールになります。もちろん急には難しいことなので、時間をかけて少しずつゆっくり身につけていきましょう。