オーケストレーション・ラボ

Orchestration Lab(Orchestration Laboratory)は、VR/AR/MRやネットワークオーディオといった最新のテクノロジーを用いて、音楽と音響技術の両分野を統合した新しいサービス創出の可能性を調査している研究チームです。研究室名は従来の「管弦楽法」という意味でのオーケストレーションと、コンピュータやネットワーク等のシステムリソースを統合制御する意味でのオーケストレーションのダブルミーニングとなっています。


伝統的なオーケストラや書法としての管弦楽法は実にアナログなものですが、音の発生という物理現象そのものの取り扱いや、演奏された音声の利用についてはデジタルデータが主流となっています。ビジュアルの分野がそうであるように、サウンドの分野にも物理的なリソースとバーチャルなリソースがあり、これらをいかに効率よく運用するか、あるいは提供するサービスにはどういったミドルウェアの利用、設計、構築、管理が考えられるかといったことを研究しています。