カテゴリー別アーカイブ: 権利

著作者人格権

著作者人格権

著作者人格権は、著作者の人格的な利益を保護する権利です。この権利は著作者のみに認められる一身専属的な権利であるため、譲渡や相続は不可であり、原則として著作者の死亡によって消滅します。

著作者の権利

  • 公表権
  • 氏名表示権
  • 同一性保持権

公表権

未発表の著作物を公開するかしないか、するならばいつどこでどのようにするかを決める権利をいいます。

氏名表示権

著作物の公表の際、著作者名を表示するかしないか、するならば実名か変名かを決める権利をいいます。

同一性保持権

著作物の内容を勝手に改変されない権利をいいます。

知的財産権

知的財産権

知的財産権には、著作権と産業財産権があります。
知的財産権

著作権は文部科学省(文化庁)の管轄であり、産業財産権は経済産業省(特許庁)の管轄です。
ここでは、産業財産権に含まれる4つの権利について解説します。

特許権

実用新案権

意匠権

商標権

著作隣接権

著作隣接権

実演家の権利

  • 氏名表示権
  • 同一性保持権
  • 録音権・録画権
  • 放送権・有線放送権
  • 送信可能化権
  • 譲渡権
  • 貸与権
  • 商業用レコードの二次使用料を受ける権利

レコード製作者の権利

  • 複製権
  • 送信可能化権

著作権

著作権

著作権は、著作者の財産的な利益を保護する権利です。知的財産権のひとつで、譲渡や相続が認められています。

著作物の種類

文章、図、絵、音楽、写真、映画、コンピュータプログラム

著作権の種類

  • 複製権
  • 上映権・上演権・演奏権
  • 送信可能化権・伝達権
  • 口述権
  • 展示権
  • 頒布権
  • 譲渡権
  • 貸与権
  • 翻訳権・翻案権
  • 二次的著作物の利用権

社団法人著作権情報センター
著作権法

著作権に関する登録制度

まず、著作権法上の登録制度は権利取得のためのものではなく、著作権は著作物を創作した時点で自動的に発生します。特許権や実用新案権などの工業所有権と異なり、その取得のための登録等は必要ありません。また、登録をしなくても譲渡や移転の効力は、当事者間に限っては有効に生じますが、第三者に対抗することはできません(著作権法77条1号)。したがって、著作権を譲渡された場合、それを登録しなければ後続の第三者に権利を奪われる可能性があるということになります。なお、譲渡契約の先後は問われません。

・著作権関係の法律事実を公示するためとか,あるいは著作権が移転した場合の取引の安全を確保するなどのためです。
登録の結果,法律上一定の効果が生じることになります。

 なお,プログラムの著作物を除くその他の著作物については,創作しただけでは登録できません。著作物を公表したり,著作権を譲渡したなどという事実があった場合にのみ,登録が可能となります。

文化庁の解説