変形労働時間制

変形労働時間制

変形労働時間制は、一定の期間の平均労働時間が1週間の法定労働時間を超えない範囲であれば、労働時間を延長させても良いとする制度です。導入に際しては、労使協定や就業規則において一定の事項を定めることが必要です。

1週間単位の変形労働時間制

従業員数が30人未満の小売業、旅館、料理店、飲食店では、1日の所定労働時間を最大10時間とする1週間単位の変形労働時間制を採用することができます。残業手当については1日10時間以内であれば発生しませんが、1週40時間を超える場合は支払が必要です。

1ヵ月単位の変形労働時間制

1ヵ月以内の一定期間を平均し、1週間当たりの労働時間が法定労働時間を超えない範囲内において、特定の日又は週に法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。

暦日数 労働時間の総枠
31日 177.1時間
30日 171.4時間
29日 165.7時間
28日 160.0時間

1年単位の変形労働時間制

1ヶ月を越え1年以内の一定の期間を平均し、1週間当たりの労働時間が40時間以下の範囲内において、特定の日又は週に1日8時間又は1週40時間を超え、一定の限度で労働させることができる制度です

暦日数 労働時間の総枠
366日 2091.4時間
365日 2085.7時間